ニュース
» 2008年09月13日 07時17分 UPDATE

IBM、スーパーコンピュータ「Stretch」誕生50周年

スーパーコンピュータの草分け的存在「Stretch」が、誕生50周年を迎えた。

[ITmedia]

 米IBMは9月11日、1950年代に登場し、当時世界最高水準のスーパーコンピュータと称された「Stretch」の誕生50周年を、米カリフォルニア州マウンテンビューにあるComputer History Museumで祝った。Stretchは商業的には成功しなかったが、今日のコンピュータ技術の発展に大きな影響を与えたとされる。

stretch

 Stretch(IBM 7030)は、1954年に同社が発表したコンピュータ「IBM 704」の100倍の処理速度を目標に開発されたが、実際には30倍から40倍程度しか達成できなかった。結局Stretchは10台も製造されることなく、プロジェクトはお蔵入りとなった。

 しかしStretchのために開発された技術は、現在にも継承されている。例えば、1度に複数のタスクをこなす「マルチプログラミング」、演算から次の演算までの間隔を置かないよう、命令を順番に実行する「パイプライニング」、認可していないメモリアクセスを防ぐメモリ保護、ブロック分けした複数のメモリバンクに同時並行でアクセスすることでデータ転送速度を上げる「メモリインターリーブ」、1バイトを8ビットとして普及させたことなど。

 Stretchで開発された技術の多くは、後のSystem/360(初の汎用コンピュータ)に取り入れられた。

関連キーワード

IBM | スーパーコンピュータ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -