ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月13日 07時18分 UPDATE

RIM、BlackBerryの対コンシューマー戦略を強化

Ticketmaster、Slacker、TiVoらと提携し、ビジネスユーザー中心だったBlackBerryでの一般ユーザー獲得に乗り出した。

[ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)は9月11日、チケット販売の米Ticketmaster、インターネットラジオサービスの米Slacker、DVR(デジタルビデオレコーダー)の米TiVoとの提携をそれぞれ発表した。

 Ticketmasterとの提携では、BlackBerryを「Ticketmaster公式スマートフォン」とし、ユーザーがチケットをより簡単に購入できるよう、両社が協力して専用ソフトウェアを開発する。BlackBerryでサンプル音楽を聴き、そのアーティストのイベントチケットを即座に購入できる機能も導入するという。

 Slackerは、BlackBerry向けに最適化した「Slacker Personal Radio」アプリケーションを提供。ユーザーはいつでも自分で自由にプログラムしたラジオが楽しめる。

 TiVoとの提携では、TiVoユーザーがBlackBerryを使って、TiVoのDVRをワイヤレスにコントロールできるようにする。外出先からでも番組録画の予約や取り消しが可能になるという。またBlackBerry端末からの動画コンテンツ利用を簡易化するソフトウェアを共同開発する計画で、その第一弾を年内にリリースする。

 RIMは同日、大手ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米MySpaceとの提携を発表。また米MicrosoftのLive SearchをBlackBerryに採用することも明らかにしており、これまでビジネスユーザーを中心としていた同社が、一般ユーザーを獲得するための戦略に本格的に乗り出した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.