ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月17日 08時21分 UPDATE

Google、「Google Audio Indexing」で音声のインデックス化開始

まずは大統領候補の演説がテキスト化され、キーワード検索が可能になった。

[ITmedia]

 米Googleは9月16日、音声をテキストにして検索可能にする「Google Audio Indexing」をGoogle Labsで開始したと公式ブログで明らかにした。

 これは音声のインデックス化を行う仕組みで、2カ月前に公開されたiGoogleの「Google Elections Video Search」ガジェットで採用した技術を拡張したものだ。GoogleはこのガジェットのためにYouTubeのPoliticiansチャンネルに収録されているコンテンツの音声部分をテキストに起こしてインデックス化しており、ユーザーはこのガジェットを使って演説の内容などからビデオを検索できるようになっていた。

 公開されたばかりのGoogle Labs上のGoogle Audio Indexingでは、ビデオ内検索、共有などの機能が追加され、ユーザーインタフェースも強化されている。

 現在は、ジョン・マケイン候補、バラク・オバマ候補をはじめとする政治家の動画の音声がインデックス化されている。例えば、「Japan」というキーワードで、マケイン、オバマ両候補が日本について何回、どのように言及しているかを比較できる。

index

関連キーワード

Google | 検索 | YouTube | iGoogle


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.