ニュース
» 2008年09月24日 08時18分 UPDATE

Nortonをかたる偽ソフト、正規ブランドを悪用する新たな手口

「Free Norton AntiVirus 08」の広告をクリックすると、悪質ソフトのダウンロードサイトにつながる。

[ITmedia]

 ウイルス対策ソフトウェアを装ってマルウェアをインストールさせる悪質なプログラムの猛威が問題となっているが、今度はウイルス対策ソフトウェアメーカーの大手Symantecをかたる手口が出現した。英セキュリティ企業Sophosの研究者がブログで伝えている。

 Sophosのセキュリティ研究者、グラハム・クルーリー氏のブログによると、Googleで「free antivirus」と検索したところ、「Free Norton AntiVirus 08」を宣伝する怪しい広告が表示された。「無料キャンペーンは今日限り」とうたい、ユーザーへダウンロードを呼びかける内容となっていた。

nortonphish.jpg クルーリー氏はNortonをかたる偽サイトの手口を動画で紹介している

 このリンクをクリックすると、Symantecのイメージカラーの黄色いデザインをあしらった偽のウイルス対策ソフトウェアの宣伝サイトにつながった。しかし、実際にインストールされるのはトロイの木馬だという。偽のセキュリティ警告に促されて「完全版」を購入すると、金銭をだまし取られたり、コンピュータが危険にさらされたりする可能性がある。

 ユーザーをだまして悪質なソフトウェアを売り付けようとする手口がますます巧妙になり、「正規の製品名をかたるところまで来ている」とクルーリー氏は警鐘を鳴らしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -