ニュース
» 2008年09月24日 08時20分 UPDATE

YouTubeの正規プロフィールを使ったスパムが出現

YouTubeのクリーンなイメージを利用することで、スパム攻撃の成功率が高くなるとWebsenseは指摘する。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米Websenseは9月23日、正規のYouTubeのプロフィールを使ってスパムサイトを宣伝する手口が新たに見つかったと伝えた。

 Websenseによると、この手口ではYouTubeのインビテーションを装ったスパムメールに正規のYouTubeプロフィールへのリンクが記載されている。

youtubespam.jpg スパムのためにYouTubeの正規アカウントを堂々と利用する(Websenseより)

 このリンクをクリックすると、正規のYouTubeサイト内にあるプロフィールにつながるが、さらにスパムサイトへのリンクが掲載されており、ユーザーに閲覧を促す仕組みになっている。リンク先のスパムサイトは、アダルト商品やサービスなどを宣伝しているもようだ。

 スパマーにとってはYouTubeのクリーンなイメージを利用することで、ユーザーを誘導する成功率が高くなるとWebsenseは分析している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

YouTube | Websense | スパム | 偽サイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -