ニュース
» 2008年09月25日 07時00分 UPDATE

固定網維持の「ユニバーサル料」、月額2円値上げへ 来年から8円に

TCAは、NTT東西の固定電話網維持にかかかる費用を通信事業者全体で負担する「ユニバーサルサービス料」を、来年1月から1番号当たり2円値上げし、8円にするよう総務相に認可申請した。

[ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)はこのほど、NTT東西の固定電話網維持にかかかる費用を、携帯電話やIP電話事業者など通信事業者全体で負担する「ユニバーサルサービス料」を、来年1月から1番号当たり2円値上げし、8円にするよう総務相に認可申請したと発表した。

 ユニバーサルサービス料は、山間部や離島などの高コスト地域での赤字を、通信各社からの拠出で穴埋めする制度。ほとんどの事業者が利用者の月額利用料金に上乗せして徴収しているため、値上げが認可されれば、固定電話や携帯電話、IP電話などの月額利用料が上がることになる。

 ユニバーサルサービス料は2007年7月に1番号当たり7円でスタートし、08年は6円に下がっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -