ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年09月25日 19時00分 UPDATE

たまごっちに初のカラー液晶 誕生から12年で

「たまごっち」の液晶画面が、1996年のシリーズ誕生以来初めてカラー化した。たまごっちの表情や、時刻、季節の描写が豊かになった。

[ITmedia]
画像 本体カラーは全7色

 バンダイは、携帯型育成ゲーム機「たまごっち」最新作として、液晶画面をカラー化した「たまごっちプラスカラー」を11月22日に発売する。カラー液晶のたまごっちは、1996年のシリーズ誕生以来初めて。5040円。

 1.52インチ・128×128ピクセル表示のTFTカラー液晶ディスプレイを搭載。カラー化したことで、たまごっちの具合が悪くなると青ざめたり、怒ると赤くなるなど表情が豊かになったほか、春の晴れた日は青空にピンクの桜が咲き、秋は木がオレンジ色に紅葉し、冬はグレーの空に白い雪が降る――など、天気や季節の変化を描写できるようになった。

画像
画像

 たまごっちのご飯やトイレの世話をしたり、ゲームをプレイして遊ぶ。世話やゲームでもらえる「ごっちポイント」で買い物したり、友人のたまごっちと通信を重ね、恋愛結婚をして子どもを誕生させることも可能。庭で「ウキウキの木」を育て、アイテムを実らせることもできる。

 サイズは従来のたまごっちとほぼ同じだが、電池をボタン電池から単四形乾電池×2本に変更し、重さは約2倍・約70グラムに増えた。

画像 エグモっちの柄は2種類

 EXILEとコラボレーションしたプロモーションを展開する。本体にEXILEオリジナルデザインを施し、EXILEの7人が液晶画面に登場する「エグモっち」を、EXILEのドームツアーやファンクラブサイトなどで販売する。マクドナルドとも共同で、大型プロモーションを行う。

 ターゲットは7〜9歳の女児。来年3月末までに国内で20万個の販売を目指す。

関連キーワード

たまごっち | バンダイ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.