ニュース
» 2008年10月03日 08時24分 UPDATE

Skype、中国でのチャット内容の監視を認める

Skypeが中国でユーザーの通信記録を監視していることを、トロント大学の研究グループが暴露。これを受けSkypeの社長が事情説明。

[ITmedia]

 カナダのトロント大学にあるムンク国際研究所のCitizen Labは10月1日、米eBay傘下のSkypeと中国の通信プロバイダーTOM Onlineの合弁会社であるTOM-Skypeが、ユーザーの通信を傍受し、そのデータを中国のサーバに保管するなどの監視行為を行っているとする報告書を発表した。

 報告の概要は以下の通り。

  • TOM-Skypeのユーザー、またこれらのユーザーとやりとりを行ったSkypeユーザーのチャットメッセージは、「問題のある」キーワードが含まれていないかどうか定期的にチェックされ、含まれていた場合は、そのデータが中国のサーバにアップロードされ、保管されている
  • キーワードとしては、台湾独立、法輪功、中国共和党への反論など、政治的なものが対象となっている
  • キーワードは政治的なものだけでなく、特定のユーザー名なども基準になっている
  • これらのテキストメッセージと個人情報を含む大量のデータは、解読に暗号キーが必要なデータと一緒に、誰もがアクセスできる保護されていないサーバに保管されている

 Skypeのジョシュ・シルバーマン社長はこの報告書に対し、10月2日、コメントを発表した。中国政府が電話やメール、IMなどを監視していることは同社も認識しており、TOMを含む中国の通信プロバイダーがそれに協力するのは同国内でサービスを運営するためにはやむを得ないことだと説明した。

 ただし、TOMがチャットメッセージをアップロードして保管していたことについては、テキストフィルタを設置して特定の言葉をブロックすることには合意したが、「保管」には合意していないとし、同社に問い合わせ中だとしている。

 また、TOMのサーバのセキュリティが万全でなく、誰もが保管されたメッセージにアクセスできる状態であったことには遺憾の意を表明。Skypeは即座にTOMに問題解決を指示し、セキュリティ問題については修正したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -