ニュース
» 2008年10月06日 15時41分 UPDATE

「歩いてイスカンダルへ」――ヤマトの歩数計で14万8000光年先へ

「宇宙戦艦ヤマト」と「母をたずねて三千里」をモチーフにした歩数計が発売される。それぞれ、歩いてイスカンダルや母の元を目指す。

[ITmedia]
画像 左がヤマト、右が母をたずねて三千里。胸ポケットに入るサイズだ

 バンダイは10月6日、「宇宙戦艦ヤマト」と「母をたずねて三千里」をモチーフにした歩数計をそれぞれ12月6日に発売すると発表した。目標歩数を歩くとイベントが発生し、ストーリーが進行するという仕組み。2作品になじみのある30代以上の男女がターゲットで、各4725円。

 ヤマトの歩数計は「遊歩計 宇宙戦艦ヤマト〜歩いてイスカンダルへ〜」、母をたずねて三千里は「遊歩計 母をたずねて三千里〜お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!〜」という名称だ。

 ヤマトの歩数計は「14万8000光年先のイスカンダル」を、母をたずねて三千里は「3000千里先の母がいる場所」を目指し、目標歩数を設定して歩く。

 目標歩数を歩くと、それぞれ作品の世界観をモチーフにしたイベントが発生し、ストーリーが進行。スタートから90日後にゴールし、目標の達成度によってエンディングが変わる。


画像 ヤマトのイベントの例

 歩数計には3軸加速度センサーを備え、バッグやポケットに入れたままで計測が可能。専用Webサイトと連動し、体重の増減をグラフ化するなど健康管理も可能だ。

画像 母をたずねて三千里のWebサイト

 サイズは68(高さ)×45(幅)×15(厚さ)ミリ、重さは約38グラム。量販店や玩具専門店などで販売し、来年3月末までに30万個の販売を目指す。

 ちなみに地球から惑星イスカンダルまでの距離・14万8000光年は、約140京80兆キロメートル、ジェノバ(イタリア)からブエノスアイレス(アルゼンチン)までの距離・3000里は約1万2000キロメートル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -