ニュース
» 2008年10月07日 17時29分 UPDATE

ウェアラブルディスプレイ&ヘッドフォン&プレーヤー=「UP」 ニコンが新製品

ヘッドフォンとウェアラブルディスプレイ、携帯プレーヤー、無線LANによるネット接続機能が一体化した新機軸の製品「UP」(ユー・ピー)をニコンが発売する。

[ITmedia]
photo

 ニコンは10月7日、ヘッドフォンとウェアラブルディスプレイ、携帯プレーヤーなどが一体化した新製品「UP」(ユー・ピー)を発売すると発表した。10月15日から予約を受け付ける。専用サイトでの価格は5万9800円など。

 片目で閲覧できる眼鏡型ディスプレイとヘッドフォン、モバイルAVプレーヤー、無線LAN(IEEE 802.11b/g)によるネット接続機能などを一体化した。

 ディスプレイ部には、液晶パネルとバックライト、液晶表示を拡大する光学系を搭載。一眼レフカメラのファインダーや眼鏡レンズなど、ニコンが培ってきた光学技術を投入し、小型軽量ながらゆがみのないクリアな映像を楽しめるという。

 プレーヤー部は動画はWMV9とMPEG-1/2、音声はWMA9とMP3、AACに対応。無線LANによるネット接続機能では、オリジナルサービス「UPLINK」によるストリーミングコンテンツ視聴やダウンロード、Web閲覧が可能だ。

photo

 販売するのは2モデル。上位版の「UP300x」は8Gバイトメモリとモーションセンサーを内蔵。モーションセンサーを活用し、頭を上下左右に動かすことで音量コントロールなどが行える。ベーシックモデルの「UP300」は4Gバイトメモリを内蔵(モーションセンサーはなし)。

 UP300xは6万9800円、UP300は5万9800円。初回予約分の出荷は12月中旬を予定している。

UP300x/UP300
表示 液晶0.44型透過型LCOS(640×480ピクセル/1677 万色)
レンズ 密着複層型DOEレンズ(対角約24度)
スピーカー 密閉ダイナミック型
入力端子 マルチコネクター端子
メモリ 内蔵フラッシュ(UP300:4Gバイト、UP300x:8Gバイト)
対応形式 動画:MPEG-1/MPEG2/WMV9(DRM10対応)、音声:MP3/WMA9(DRM10対応)/AAC、静止画:JPEG、その他:SWF(Flash Player 7相当)
インタフェース USB2.0
無線LAN IEEE 802.11b/g
Webブラウザ HTML4.01、フレーム対応、JavaScript、Flash
電源 単3形×2本(ニッケル水素、アルカリ、リチウム)
連続再生時間 動画:約120分、音楽:約270分
重さ 約385グラム(付属電池含む)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -