ニュース
» 2008年10月10日 08時06分 UPDATE

Google、企業向けメール保管サービスに拡大版を追加

1ユーザー当たり年間45ドルで最高10年間、容量無制限でメールデータを保管するサービスを開始した。

[ITmedia]

 米Googleは10月8日、企業のメールを安全に保管するサービス「Google Message Discovery」に、容量無制限の定額サービスを追加した。1ユーザー当たり年間45ドルで、最高10年間保管する。ストレージ容量の上限はない。

 Google Message Discoveryは傘下のPostiniによるメール向けセキュリティ製品「Powered by Postini」のエディションの1つを独立させたサービス。送受信したすべてのメールのデータを、削除したものも含めすべて保存し、メールのフィルタリング、セキュリティ機能を装備する。メール保管のポリシーは各企業で設定でき、裁判などでメールが必要となった場合、即座に該当メールを検索できるとしている。これまでは、ユーザー当たり年間25ドルで1年間保管という価格体系のみだった。

 米連邦政府の「Federal Rules of Civil Procedure」などの規制やガイドラインにより、企業は電子メールを適切に保管し、いつでも検索可能な状態にしておくことが義務付けられている。Googleによれば、社内でメールを保管するソリューションを導入すると、7年間保管した場合、1ユーザーにつき年間200ドル以上掛かるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -