ニュース
» 2008年10月14日 07時18分 UPDATE

MP3プレーヤーで難聴の危険性増大――EUが警告

一定の音量以上で長時間聞き続けると聴覚を失う可能性が高いとして、EUがMP3プレーヤーの使用方法に関して注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 欧州連合(EU)の健康リスクに関する科学委員会(SCENIHR)は10月13日、MP3プレーヤーを大音量で長期にわたって利用すると、聴覚を失う危険性があるとの警告を発表した。

 欧州には既に、MP3プレーヤーの音量を100デシベル(dB)以下に制限する安全基準が存在する。しかしSCENIHRによれば、89デシベル以上で週に5時間聞くだけでも、早ければ5年で聴覚を永久に失う可能性があるという。EUの推測によると、EU域内だけでも、MP3プレーヤー利用者の5〜10%、およそ250万〜1000万人の人々が、聴覚を失う危険にさらされている。

 欧州委員会はさらなる調査、研究を研究者らに求めるとともに、消費者に対しては音量設定に注意し、長時間の使用を避けるよう注意を呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -