ニュース
» 2008年10月14日 16時24分 UPDATE

MySpaceで世界にアプリ配信、月1億円の収入も

MySpaceのAPIを使えば、世界2億ユーザーに対してアプリを配信できる。米国のあるゲームベンチャーは、アプリ配信だけで月間約1億円稼いでいるという。

[宮本真希,ITmedia]
画像 YouPlusのダン・ユーCEO

 SNS「MySpace」で複数のゲームアプリを配信し、毎月平均1億円(100万ドル)の収入を得ているゲームベンチャーがある。米国シリコンバレーにあるYouPlusで、開発者4人の小さな企業だが、MySpaceでインストール数上位の3アプリは、すべて同社が開発したものだ。

 MySpaceは昨年2月からAPIを公開している。外部開発者はAPIを活用してMySpace用アプリを構築でき、世界に約2億人いるというMySpaceユーザーに提供できる。アプリを紹介するページ「キャンバスページ」に広告を掲載したり、ゲーム内で有料のアイテムを販売するなどして、収入を得ることも可能だ。

 MySpaceでインストール数が多い上位3つのアプリ「MOBSTERS」(1100万インストール)、「Own Your Friends」(850万インストール)、「Bumper Stickers」(630万インストール)は、すべてYouPlusの作品だ。

画像 MOBSTERS

 MOBSTERSは武器などアイテムを使って対戦するゲームで、ダン・ユーCEOが1カ月かけて開発し、今年7月に公開した。収入はアイテムの有料販売から得ており、同社がMySpaceを通じて稼ぐ毎月平均約1億円のうち、半分をMOBSTERSから得ているという。「MySpaceなら、時間をかけずに作ったアプリでもビジネス展開できる」とユーさんは話す。

 MySpaceには現在、約1万6000人の開発者が登録し、約3800のアプリが公開されているが、多額の収入を得ている開発者は「ほんの一握り」(マイスペースPCサービス部のオジー井上部長)だ。日本の開発者が配信しているアプリは約20で、収入を得ているものはないという。「1億円を稼ぐ開発者がアジアからも出てほしい」と井上部長は話す。

 アジアからのアプリ投稿を盛り上げるため今夏、日本・中国・韓国・インドの開発者からMySpace用アプリを募集するコンテスト「TheGame08」を開いた。「東京ゲームショウ2008」で表彰式が行われ、各国代表に選ばれたアプリの開発者が集まった。

 日本代表は、カヤックが開発したアプリ「Ninja Webcam Game」。Webカメラを接続し、画面上に飛んでくる手裏剣を避けて遊ぶアクションゲームだ。

 最優秀作品にはインドのContest2win.comが開発した「youCharade」が選ばれた。ものまねする様子をユーザーに投稿してもらい、ほかのユーザーは動画を見て、何のものまねか答えるというゲームだ。Contest2win.comの開発者は「世界中のユーザーに使ってもらえるとうれしい」と話し、賞金の300万円を受け取っていた。

関連キーワード

MySpace | API | コンテスト | 東京ゲームショウ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -