ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年10月18日 07時38分 UPDATE

不況の中、Pandoraが社員削減

経済情勢の悪化を理由に140人中20人を削減した。

[ITmedia]

 音楽レコメンデーションサービスの米Pandoraは10月16日、社員140人中20人を削減したと発表した。創設者で社長兼CEOのティム・ウェスターグレン氏が公式ブログで明らかにした。

 同社はネットラジオへの過剰な著作権使用料設定に反対する運動を続けており、その問題が米議会での救済法案通過で解決に向かった矢先のことだった。

 ウェスターグレンCEOは、削減の理由を経済情勢の悪化に迅速に対応するためと説明。ユーザーは増加傾向にあり、iPhoneなどのモバイルデバイスへの対応も順調。売り上げも上がっているとしており、新たな求人も行っていくと述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.