ニュース
» 2008年10月23日 16時40分 UPDATE

Microsoftが臨時パッチリリースへ

このパッチはリモートコード実行を可能にする緊急レベルの脆弱性に対処する。

[ITmedia]

 米Microsoftが、10月23日午前10時(米国時間)に定例外のセキュリティパッチをリリースすることを明らかにした。

 この脆弱性は、リモートからのコード実行を可能にするものという。深刻度は4段階で最高の「Critical(緊急)」としている。

 影響を受けるのは、Windows 2000 SP4、Windows XP SP2/SP3、Windows Vistaおよび同SP1、Windows Server 2003 SP1/SP2、Windows Server 2008。Windows Server 2008ではServer Coreも影響を受ける。

 パッチ適用後は、コンピュータの再起動が必要となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -