ニュース
» 2008年10月23日 20時06分 UPDATE

ソニー「PSP」販売見通しを上方修正 ゲーム事業は黒字化厳しく

ソニーは好調なPSPの販売台数見通しを100万台増の1600万台に上方修正。だがソニーを襲った円高が影響し、ゲーム事業の通期黒字化は厳しい状況だ。

[ITmedia]

 ソニーは10月23日、プレイステーション・ポータブル(PSP)の2008年度の販売台数見通しを、当初から100万台上積みして1600万台に上方修正したことを明らかにした。上半期からの好調が続いているためという。

 一方、ゲーム事業全体は厳しい。同事業は2008年度通期の営業黒字化を目指していたが、想定を超えた円高が影響し、同事業だけで約300億円分の営業利益が吹き飛んだ。「為替の影響がなければオペレーション上は黒字だったが、為替インパクトで黒字化は厳しい状況」(ソニーの大根田伸行CFO)という。

 プレイステーション 3(PS3)は当初見通しの1000万台を据え置いた。「1000万台に向けて順調」(大根田CFO)という。

関連キーワード

ソニー | PS3 | 下方修正 | PSP | 上方修正 | 為替 | 販売台数


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -