ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年10月24日 08時36分 UPDATE

日用品、松阪牛も翌日届く「あす楽」 楽天が翌日配送サービスを拡充

楽天が翌日配送サービスを拡充し、新サービス「あす楽」として始めた。ペット用品や紙おむつなど、持ち運びが大変で翌日配送ニーズが高い商品を中心に対象商品を広げた。

[ITmedia]

 楽天は10月23日、「楽天市場」で商品を注文の翌日に配達するサービスを拡充し、新サービス「あす楽」として始めた。

photo 翌日配送対象の商品

 今年6月以降に始めた、生鮮食料品が対象の「グルメスピード便」、家電やPCが対象の「家電・即日配送便」が好調だったため、統合して拡充する。対象商品を洗剤などの日用品やペット用品など6ジャンルに広げ、商品数を従来の約3倍の約5万3000点に増やした。対象エリアも沖縄県・離島を除く全国に拡大する。

 新サービスの対象商品を正午までに注文すると、翌日に届く仕組み。米や飲料、紙おむつ、トイレタリー用品など、翌日配送ニーズが高く、運ぶのが大変な商品を中心に拡充したほか、カニや和牛、取り寄せスイーツなど地域産品も対象に加えた。

photo 三木谷社長。「カミさんが楽天以外から買っていて、理由を聞いたら『楽天はいつ来るか分からないから』と。それですぐ始めようと思った」

 今後もサービスの強化を続け、2009年上期には楽天市場が扱う全ジャンルを対象に広げる計画。10〜12年には、楽天市場の流通総額の5〜10%以上を占めるまでに成長させたい考えだ。

 三木谷浩史社長は「ネットショッピングは、嗜好性が高い商品から、すぐ欲しいものへの需要が高くなってきた」として、サービスの強化で共働き夫婦などのニーズに対応し、「スーパーなどのサービスを置き換えていけるのでは」と期待をかけている。

関連キーワード

楽天 | 楽天市場 | 三木谷浩史


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.