ニュース
» 2008年11月04日 17時09分 UPDATE

ねとらぼ:「第1回 日本宇宙エレベーター会議」開催

「宇宙エレベーターとは何か」「宇宙エレベーター開発の現状は」――地球と宇宙をつなぐ「宇宙エレベーター」について議論する会議が開かれる。

[ITmedia]

 「宇宙エレベーターとは何か」「宇宙エレベーター開発の現状は」――地上と宇宙をつなぐ「宇宙エレベーター」について紹介・議論する「第1回 日本宇宙エレベーター会議」を、日本宇宙エレベーター協会が11月15、16日に日本科学未来館(東京・お台場)で開く。

 宇宙エレベータとは、地上から約3万6000キロ上空にある静止軌道までケーブルを延ばし、人や物質を運ぶ装置のこと。宇宙に行くための安全・低コストな輸送手段として期待されているが、実現には課題も多い。

 会議には国内外の研究者を招き、科学者や技術者だけでなく広く一般の人々を対象に、宇宙エレベーターの概要や、ケーブルの素材として期待されているカーボンナノチューブ研究の現状、宇宙エレベーター構築上の問題点などを議論する。

 参加費は、一般公開セッションのみなら1000円。「トピックスセッション」に参加する場合は1日券が1万2000円など。Webサイトで購入できる。

関連キーワード

宇宙 | ねとらぼ | お台場 | 研究者


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -