ニュース
» 2008年11月07日 08時07分 UPDATE

SanDisk、SSDの書き込みを100倍高速化するメモリ管理機能を発表

SunDiskが、SSDの書き込み速度を大幅に向上させるメモリ管理機能「ExtremeFFS」と、HDDとの速度比較を可能にする「vRPM」およびSSDの寿命を表す「LDE」の2つの指標を発表した。

[ITmedia]

 米SanDiskは11月5日、SSDの書き込み速度を、最高で100倍高速化するとうたうメモリ管理システム「ExtremeFFS」を発表した。2009年中に同社製品に搭載する予定。

 ExtremeFFSは、データの物理アドレスと論理アドレスを最適化させる、ページベースのアルゴリズムを採用。データが書き込まれると、最も便利で効率のいい場所に保存するため、書き込み速度が最高で100倍高速化され、SSDの寿命も延びるという。

 またNAND型フラッシュメモリの各チャネルを独立させ、それぞれが同時に読み込みや書き込み、ガベージコレクションを行えるよう、ノンブロッキング構造を採用。ユーザーの使用パターンを「学習」し、SSDの性能と耐久性を最大限に生かすよう、データを配置するとしている。

 SanDiskはまた、SSDの性能を評価する2つの新たな指標「virtual RPM(vRPM)」と「Long-Term Data Endurance(LDE)」を発表した。vRPMはHDDの速度指標であるRPM(Revolution Per Minute)に対応するもので、SSD同士やHDDとの性能比較に役立つ。LDEはSSDが寿命を終えるまでに、どれだけの量のデータが書き込み可能かを示すものだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -