ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年11月07日 08時15分 UPDATE

11月のMS月例パッチ、WindowsとOfficeの脆弱性に対処

11月のパッチは日本時間12日に公開される予定。最大深刻度の「緊急」が1件、「重要」が1件となる。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月11日(日本時間12日)に2件の月例セキュリティ情報を公開し、WindowsとOfficeの脆弱性に対処する予定だ。7日の事前通知で明らかにした。

 セキュリティ情報の内訳は、最大深刻度の「緊急」が1件、「重要」が1件となる。緊急レベルのパッチでは、Windows XPやWindows Vista、Windows Server 2008など幅広いOSに深刻な影響を及ぼすMicrosoft XML Core Servicesの脆弱性に対処するという。2007 Microsoft Office SystemやOffice SharePoint Server、Office Groove Serverも影響を受ける。

 もう1件の重要レベルパッチは、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008が対象となる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.