ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年11月08日 07時59分 UPDATE

大統領選挙当日、テキストメッセージ数が過去最高に――AT&T報告

バラク・オバマ大統領が誕生した直後、多くの米国人がテキストメッセージを送信していたことが明らかになった。

[ITmedia]

 11月4日の米大統領選の投票日、米国人は大量のテキストメッセージを送信していた――AT&Tが11月6日、報告した。

 4日に同社のネットワークで送信されたテキストメッセージの量は、通常時と比べ約44%も多く、過去最高を記録したという。

 AT&Tによると、毎年の大晦日にはテキストメッセージの数が大幅に増加する。しかし4日に大統領決定が報じられた直後、毎秒当たりのメッセージ送信数がピークに達し、前回の大晦日の1秒当たりの送信数を大幅に上回った。

 AT&Tで7〜9月に送信されたテキストメッセージ数は、640億通以上になったという。

関連キーワード

大統領 | 選挙 | AT&T | バラク・オバマ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.