ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月11日 01時18分 UPDATE

米家電量販2位のCircuit City Storesが破たん

米国の大手家電量販店Circuit City Storesは11月10日、連邦破産法11条の適用を申請した。8月末時点の負債総額は23億2000万ドル。

[ITmedia]

 米国の大手家電量販店Circuit City Storesは米国時間の11月10日、ヴァージニア州リッチモンドの連邦破産裁判所に対し、連邦破産法11条の適用を申請した。8月末時点の負債総額は23億2000万ドル(約2300億円)。

 個人消費の冷え込みによる販売不振は、業界第2位の同社でさえ飲み込んでしまった。すでに市場では信用収縮のあおりで一部のベンダーから支払い条件を厳しくされていたことなどもあり、経営難に陥っていた。米国時間の11月3日には米国内の150以上の店舗を閉鎖し、従業員の17%をレイオフすると発表しており、それを受けて業界最大手のBest Buyが資産吸収の検討をほのめかすなど、急激な変化が起ころうとする中での申請となった。

 債権者の数は10万を超えているともされており、今後中堅中小企業への影響も懸念される。

関連キーワード

倒産 | 経営 | 量販店 | 金融危機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.