ニュース
» 2008年11月13日 09時46分 UPDATE

YouTube、検索連動型の動画広告を開始

テキスト検索広告と同様に、検索結果ページにキーワードに連動した動画広告が表示される。

[ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは11月12日、新しい広告プログラム「YouTube Sponsored Videos」を導入した。

 検索広告「AdWords」と似た仕組みで、広告主はYouTubeの検索結果ページに、検索キーワードと関連した動画広告を掲載できる。AdWordsと同様に、オークション方式でキーワードに入札し、ビデオがクリックされるごとに広告料を支払う。動画には「sponsored videos」というラベルが付けられ、通常の動画検索結果とは区別されるという。

 YouTube Sponsored Videosは現在米国でのみ利用可能だが、他地域への展開も予定している。

関連キーワード

広告 | 動画共有サービス | YouTube | 検索 | AdWords


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -