ニュース
» 2008年11月13日 19時25分 UPDATE

「DSGAMEJP」運営の男女3人逮捕 「DSゲームはダウンロードする時代」と大胆宣伝

「DSゲームはダウンロードする時代」とうそぶく大胆さで話題になった「DSGAMEJP」運営の男女3人を京都府警が逮捕。マジコンとセットで海賊版を販売した疑い。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、京都府警は11月13日、ニンテンドーDSソフトの海賊版を販売していたとして、著作権法違反の疑いで、大阪府寝屋川市の男女3人を逮捕した。

 逮捕されたのは、同市の職業不詳の男(37)、有限会社代表取締役の女(58歳)、職業不詳の男(21)。

 調べでは、3人は自ら運営するWebサイトで今年7月26日、「マリオパーティDS」(任天堂)など計5タイトルのゲームデータが入ったmicroSDカード1枚を郵送で販売した疑い。

photo DSGAMEJPのサイトロゴ。サイトにはゲームソフト会社ごとのリストが掲載されていた

 男らはWebサイト「DSGAMEJP」を運営。「DSゲームはダウンロードする時代」「ダウンロードはとても簡単」「全てのゲームが0〜500円」などとユーザーを集め、DSゲームを大量に無許諾でアップロードし、ユーザーにダウンロード販売する仕組みを作っていた。

 ゲームデータを無断複製したmicroSDは、これを動作させる機器「マジコン」をセットにして1万980円で販売していた。

 任天堂とソフトメーカー54社は7月、マジコンを輸入販売差し止めを求める訴訟を起こしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -