ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月18日 07時00分 UPDATE

NTTデータ、次世代ATMの検討・開発スタート OKI、富士通と共同で

NTTデータは、OKI、富士通と共同で次世代ATMシステムの検討・開発を開始した。ATMを顧客サービスの戦略拠点として活用できる環境を構築する。

[ITmedia]

 NTTデータは11月17日、沖電気工業(OKI)、富士通と共同で、次世代ATMシステムの検討・開発を開始したと発表した。2009年度中の完成を目指す。

 既存の設備を生かしつつ、ATMを顧客サービスの戦略拠点として金融機関が活用できる環境を、金融機関やATMベンダーの違いを意識しない共同利用型で構築する。金融機関はATM関連システムコストを軽減させつつ、ATMを活用した各種サーバイスを迅速かつ容易に提供できるようになるとしている。

 OKIと富士通が共同開発している次世代ATMソフトウェア「UNISONATM+」を採用する。Webアーキテクチャを採用したATMシステム向けソフトで、同ソフトの活用することで次世代ATMシステムを高いレベルで迅速に提供可能になるとしている。

関連キーワード

ATM | 富士通 | NTTデータ | 金融機関 | 沖電気工業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.