ニュース
» 2008年11月20日 14時24分 UPDATE

Google、Second Life的仮想空間「Lively」を終了

Googleは開始から4カ月余りで3D仮想空間の幕を引くことにした。

[ITmedia]

 米Googleは11月19日、3Dアバターを作成できる仮想空間「Lively」を年内いっぱいで終了することを明らかにした。

 同サービスは7月に開始された。ユーザーは仮想空間内にアバターやバーチャルルームを作成して、カスタマイズできる。

 Googleは終了の理由について、同社は実験的な試みを支援しているが、そのすべてがうまくいくわけではないと説明している。「厳しい決断だが、われわれはリソースを中核である検索、広告、アプリケーション事業に優先的に振り分けたいと考えている」と同社は述べている。Livelyのスタッフは別のチームへ移動する。

 ユーザーがブログやWebサイトに埋め込んだバーチャルルームは、Lively終了後も画像として表示されるが、入室はできなくなる。

ah_lively.jpg 告知ページ

関連キーワード

Google | Lively | 仮想世界 | 3D | Second Life | 3次元仮想空間


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -