ニュース
» 2008年11月25日 08時10分 UPDATE

12件の脆弱性に対処:Apple、iPhoneとiPod touchのOSアップデート公開

「iPhone OS 2.2」と「iPhone OS for iPod touch 2.2」では、Safariなどに存在する12件の脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Appleは11月21日から配布を開始したiPhoneとiPod touchのOSアップデートで、多数の深刻な脆弱性を修正した。

 アップデート版の「iPhone OS 2.2」と「iPhone OS for iPod touch 2.2」では、iPhone OS 1.0〜2.1とiPhone OS for iPod touch 1.1〜2.1に存在していた12件の脆弱性に対処した。

 このうち、3件はSafari関連の脆弱性。ユーザーが悪質なWebサイトを閲覧すると任意のコードを実行されたり、ユーザーが何も操作しなくても電話をかけられたりするなどの恐れがある。

 iPhoneでパスコードを入力しなくても電話をかけられる、アプリケーションを起動できてしまうといったパスコードロック関連の脆弱性3件も修正された。このほか、不正なMicrosoft Excelファイルを使って悪用できる可能性のあるOffice Viewerの脆弱性や、画像処理関連の脆弱性を修正している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -