ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月25日 08時18分 UPDATE

IntelとMicron、34nmプロセスの32GビットNAND型フラッシュを量産開始

IntelとMicronの合弁企業が、172平方ミリのSSD向けNAND型フラッシュの量産を開始した。

[ITmedia]

 米Intelと米Micron Technologyは11月24日、34ナノメートル(nm)製造プロセスによる32Gビットのマルチレベルセル(MLC)NAND型フラッシュメモリの量産を開始したと発表した。製造は両社の合弁企業IM Flash Technologies(IMFT)で行う。

 SSDへの採用を念頭に開発された新メモリは、48ピンTSOP(Thin Small Out-Line Package)を使用。172平方ミリというサイズで、デジタルカメラ、メディアプレーヤーなど小型フォームファクターへの採用を見込んでいる。

 IMFTにおける34nmプロセスへの移行は予定より早く進行しており、米ユタ州のリーハイ工場では、年内に製造能力の50%以上が移行する見通しという。

 また両社は、34nmプロセスによる低密度のマルチレベルセルと、シングルレベルセル(SLC)のNAND型フラッシュについても、2009年前半にサンプル出荷を開始する計画。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.