ニュース
» 2008年11月27日 12時38分 UPDATE

ロケスタ「ePiano」、JASRAC管理曲の演奏・投稿が可能に

ロケスタが運営するオンラインピアノサイト「ePiano」でJASRAC管理楽曲を演奏できるようになった。記念企画として「演奏会」を開催。

[ITmedia]

 ロケットスタートは11月27日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理楽曲を、オンラインピアノサイト「ePiano」で利用するための契約を結んだと発表した。JASRAC管理楽曲の演奏が可能になった。

 ePianoは、Webブラウザ上でピアノを演奏し、ほかのユーザーに聴かせることができるサイト。従来は著作権法に違反する演奏を監視・削除を実施してきたが、JASRACと契約したことで、JASRAC管理楽曲を合法的に演奏・共有できるようになった。

 契約を記念して「第1回オンラインピアノ演奏会」も12月25日まで実施する。JASRAC管理楽曲も含め、「冬っぽい曲」を演奏して投稿し、優秀作に選ばれると電子ピアノやブックカバーなどがもらえる。

 同社は「表現によるコミュニケーションを促進し、さらに楽しい場を提供していきたい」としている。

関連キーワード

JASRAC | 投稿 | 著作権


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -