ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年11月28日 07時06分 UPDATE

Samsung、企業向け大容量SSDを量産開始

「Samsung Enterprise SSD」は低消費電力で、ランダム書き込み速度は従来の大容量SSDの2倍としている。

[ITmedia]

 韓国のSamsung Electronicsは11月25日、サーバ向け大容量SSD「Samsung Enterprise SSD」の量産を開始したと発表した。容量は25Gバイトと50Gバイトの2種類。

 エンタープライズ市場向けに設計された新SSDはシングルレベルセル(SLC)タイプで3Gbps SATAインタフェース採用。ランダム書き込み速度は同社の標準的な32Gバイトと64GバイトのSSDの約2倍としている。

 サイズは2.5インチで、消費電力はアクティブモードで1.25ワット時、アイドルモードで0.3ワット時と、同じサイズで15000rpmのSAS HDDの25%以下。1ワット当たりのI/O処理速度は、15000rpmのSAS HDDの10倍速いという。読み出し速度は最高で100Mバイト/秒、書き込み速度は最高で80Mバイト/秒。

 今月から出荷開始の予定。

関連キーワード

SSD | Samsung | サーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.