ニュース
» 2008年12月01日 10時38分 UPDATE

「裁判員の通知届いた」――mixi日記で告白相次ぐ

「最高裁判所から封書が来た。どうしよう」――mixi日記で、裁判員候補者に選ばれた人が、選ばれたことを告白するケースが相次いでいる。

[ITmedia]

 「今日、家に帰ったら最高裁判所から封書が」――SNS「mixi」の日記で、裁判員候補者に選ばれた人が、通知が届いたことを告白するケースが相次いでいる。本名を明かしているユーザーもいる。

 裁判員法は、裁判員や候補者に選ばれたことを、不特定多数に対して個人が特定できるような形で公表することを禁止している。

 mixiでは全体公開の日記で「通知が届いた」と告白しているユーザーが複数おり、中には本名を明かしている人もいる。裁判所からの封筒の画像をアップしている日記もあった。

 日記には「うらやましい」「おめでとう」「すごい」といったコメントが付いていることも。その一方で「こういった情報は公開しないほうがいい」と指摘されている日記もあり、公開した後に公開範囲を狭めたり、削除しているユーザーもいるなど、自浄作用も働いているようだ。

 mixi日記のほか、ブログで通知が届いたことを公開している人もいる。誰でもネットで簡単に情報公開ができる今、「裁判員や候補者に選ばれたことを公表しない」を徹底するのは難しそうだ。

関連キーワード

mixi(ミクシィ) | 裁判


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -