ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月02日 07時00分 UPDATE

フルサイズ2450万画素CMOS搭載 ニコン「D3X」

35ミリフルサイズで有効2450万画素CMOSセンサーを搭載したニコン「D3X」が登場。

[ITmedia]
photo

 ニコンイメージングジャパンは、35ミリフルサイズで有効2450万画素CMOSセンサーを搭載した一眼レフデジタルカメラ「D3X」を12月19日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は90万円前後の見込み。

 35ミリフィルムサイズに準じる「ニコンFXフォーマット」(35.9×24.0ミリ)の有効24.5メガピクセルCMOSセンサーを搭載し、中判デジタルカメラ相当の高精細な画像の撮影が可能としており、プロユーザー、特にスタジオ撮影のニーズに応えるとしている。

 ボディーは「D3」と共通化。起動時間はD3と同じ約0.12秒、レリーズタイムラグもD3と同様、メカニカルな限界とされる約0.04秒を達成したとしている。FXフォーマット時は秒間5枚の連続撮影が可能だ。

 サイズは約159.5(幅)×157(高さ)×87.5(奥行き)ミリ、重さ約1220グラム(バッテリー本体、メモリーカード、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバー除く)。

関連キーワード

ニコン | フルサイズCMOS | デジカメ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.