ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月02日 15時56分 UPDATE

Intelと日立GST、エンタープライズ向けSSDを共同開発

IntelのNAND型フラッシュメモリを使った企業向けSSDを2010年に投入し、日立GSTが独占販売する。

[ITmedia]

 米Intelと日立グローバルストレージテクノロジーズ(GST)は12月2日、エンタープライズ向けSSDを共同開発すると発表した。

 Serial Attached SCSI(SAS)およびファイバーチャネル(FC)インタフェースのSSDを共同で開発し、サーバ、ワークステーション、ストレージシステム向けに提供するとしている。最初の製品は2010年初めに登場の予定。

 両社が共同開発するSSDはIntelのNAND型フラッシュメモリとSSD技術を採用し、日立GSTのブランドで独占販売される。

関連キーワード

SSD | Intel | 日立GST | 共同開発 | フラッシュメモリ | NAND


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.