ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年12月04日 16時58分 UPDATE

一般はさらに深刻か:PC利用者の98%が脆弱性を放置――Secunia統計

プログラムの脆弱性を修正した更新版を適用せず、脆弱性を放置しているユーザーが98%に上ることが判明した。

[ITmedia]

 デンマークのセキュリティ企業Secuniaは12月3日、PC利用者の98%がプログラムの脆弱性を放置しているという統計を発表した。

 今回の統計では、Secuniaが提供しているパッチ適用支援ソフト「PSI 1.0」の新規ユーザー2万人から過去7日間に収集したデータを集計、分析している。

 その結果、98.09%のPCに「セキュアではない」プログラムがインストールされているのが分かった。セキュアではないプログラムとは、脆弱性を修正した更新版がベンダーから公開されているにもかかわらず、インストールせずに脆弱性が放置された状態を指す。

 セキュアではないプログラムを11本以上抱えていたユーザーは45.76%に上った。6〜10本は25.07%、1〜5本は30.27%だった。

 Secunia PSIのユーザーは、一般的なユーザーに比べてセキュリティの意識が高いと考えられ、「一般ユーザーの実態はさらに深刻そうだ」とSecuniaは予想している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | Secunia | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.