ニュース
» 2008年12月04日 11時08分 UPDATE

もう飽きた? 「SNSへのアクセス減った」が4割

「飽きた」「興味が薄れた」――SNSへのアクセス頻度が減っている人が多いようだ。

[ITmedia]

 「mixi」「GREE」など国産SNSの登場から4年以上。一時のブームが落ち着き、SNSへのアクセス頻度が減ってきたというユーザーが増えているようだ。

 アイシェアの調査によると、SNSへのアクセス回数が、利用初期と比べて「減った」と答えたユーザーが4割以上で、「増えた」と答えたユーザーの3倍近かった。

 SNSの利用者は全体の35.8%。女性は男性より7ポイント多く39.3%だった。年代別では若い世代ほど多く、20代で52.6%、30代で40.6%、40代で27.4%。

画像

 利用者のアクセス頻度は「1日数回」が最多で39.0%。「1日10回以上」は13.5%。合わせて52.5%が1日数回以上アクセスすると回答した。

画像

 利用初期と比べてアクセス回数は「以前より減った」人が43.3%と最多。「以前と変わらない」が41.1%、「以前より増えた」が15.6%。減った理由の自由回答には「飽きた」「興味が薄れた」「目新しいものがなくなった」という声が多かった。

 SNSから始まる恋は「アリだと思う」人は52.8%。2006年7月に行った前回調査より約15ポイント減少した。若い年代ほど「アリ」の割合が高く、20代では63.2%となっている。

画像

 11月18日〜20日にかけ、無料メール転送サービス「CLUB BBQ」会員に調査し、394人から回答を得た。男性51.5%、女性48.5%で、20代が9.6%、30代が52.5%、40代が31.5%、その他が6.3%。

関連キーワード

SNS | 意識調査


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -