ニュース
» 2008年12月10日 07時45分 UPDATE

Android推進組織OHAにソフトバンクモバイルほか14社が新たに参加

ソフトバンクモバイル、東芝、ソニエリ、ASUSTeK、ARM、Vodafoneなど14社が加わった。

[ITmedia]

 Google Androidの開発を推進する業界団体Open Handset Alliance(OHA)は12月9日、新たに14社が加わったことを発表した。

 OHAは2007年11月に、Googleの携帯電話向けプラットフォームAndroidの開発推進を目的として結成されたアライアンス。T-Mobile、HTC、NTTドコモ、KDDIなど34社が立ち上げメンバーに加わり、その後Sprint、アプリックス、Wind Riverなどが参加していた。

 今回参加したのは、ソフトバンクモバイル、東芝、オムロン、ARM、ASUSTeK、Vodafone、Sony Ericsson、Ericsson、携帯ナビゲーション端末(PND)大手のGarmin、旭化成傘下のAKM Semiconductor、無線LANチップを手掛けるAtheros Communications、Borqs、Huawei Technologies、Teleca ABの14社。

 同アライアンスには、米大手キャリアのAT&TやVerizon、世界最大の携帯電話メーカーNokiaは参加していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -