ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2008年12月10日 20時13分 UPDATE

世界トップシェアのモバイル検索エンジンを エフルートとプリファードがLLP設立

エフルートとプリファードインフラストラクチャーが、新しいモバイル検索エンジン開発を目指すLLPを設立する。

[ITmedia]

 エフルートとプリファードインフラストラクチャーは12月10日、モバイル検索エンジンの開発と事業運営を担う有限責任事業組合(LLP)「FROUTE Search Technology」を設立することで基本合意したと発表した。

 エフルートはモバイル検索ポータル「froute.jp」を運営。プリファードは検索エンジン開発を手がけ、7月にははてなとの提携を発表している。

 LLPでは今後、エフルートが培ったモバイル検索エンジンの開発ノウハウとプリファードの高速大規模データ処理技術を活用し、増大するモバイル向け情報に適切にリーチできる新エンジンの開発を目指す。他社へのエンジン提供や海外展開も進め、世界トップシェアのモバイル検索エンジンを目指すとしている。

 LLPの取り組み第1弾として10日、開発した画像検索エンジンをfroute.jpに導入した。

 LLPは19日に設立する予定。出資金は100万円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.