ニュース
» 2008年12月13日 14時29分 UPDATE

「かんなぎ」休載は「作者入院のため」 発行元が説明、「中傷で休載」は否定

かんなぎが突然、無期限の休載となった理由を説明する文章を、連載誌の発行元がWebに掲載した。「作者が急病で緊急入院したためで、『誹謗中傷によって休載した』という報道は事実ではない」としている。

[ITmedia]

 人気漫画「かんなぎ」(武梨えりさん作)を連載している「月刊ComicREX」発行元の一迅社は12月12日、かんなぎが突然、無期限の休載となった理由を説明する文章を、Webサイトに編集長名で掲載した。「作者が急病で緊急入院したためで、『誹謗中傷によって休載した』という報道は事実ではない」としている。

 かんなぎは1月号から休載。1月号には「作者の体調不良のため当面の間休載する」と告知されていた。

 サイトによると作者は、12月号の原稿執筆後に突然急病で倒れ、そのまま緊急入院。今も入院中という。「手術も成功してに快方に向かっており、執筆の再開に向けて意欲を示している」という。

 かんなぎは、12月号でヒロインの「ナギ」に恋人がいたことが発覚。「非処女だった」とファンが失望し、ネット上で抗議するなど騒ぎになった。無期限休載は、この「非処女騒動」に絡む作者への誹謗中傷が原因では――という報道もあったが、サイトでは「誹謗中傷による休載という報道は事実ではない」と否定している。

関連キーワード

誹謗・中傷


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -