ニュース
» 2008年12月16日 13時55分 UPDATE

「信頼できる企業」調査でApple、Yahoo!、Facebookが初ランクイン

20位中半数以上をIT企業が占めたが、MicrosoftとGoogleは圏外だった。

[ITmedia]

 非営利団体TRUSTeと米調査会社Ponemon Instituteは12月15日、プライバシーに関して信頼できる米企業のランキングを発表した。1位はクレジットカード会社のAmerican Expressで、2位のeBayを含めたIT企業5社がトップ10入りした。またFacebookとAppleが初めて20位以内に入った。

 この調査は米国在住の成人の消費者6486人を対象に実施し、個人情報を保護するための対策を行っている最も信頼できる米国の企業はどこかなどを尋ねた。706の企業名が挙がり、最終的に211の企業が信頼できる企業としてリストに載った。

「信頼できる企業」ベスト20
順位 社名 前回からの順位変動
1 American Express -
2 eBay +6
3 IBM -
4 Amazon +1
5 Johnson & Johnson +1
6 Hewlett-Packard +10
6 UPS +1
7 Procter & Gamble +2
8 Apple 初ランクイン
9 Nationwide -
10 Charles Schwab -8
11 USAA +4
12 Intuit +7
13 WebMD -1
14 Yahoo! 初ランクイン
15 Facebook 初ランクイン
16 Disney -1
16 AOL -12
17 Verizon 初ランクイン
18 FedEx 初ランクイン
19 US Bank -2
20 Dell -7
20 eLoan -9
(資料:Ponemon Institute、TRUSTe)

 また、個人情報の重要性に対する認識が高まっている一方、自分の個人情報を管理しきれていないと感じている消費者が増えていることも明らかになった。調査対象の73%が個人のプライバシーを「重要」または「非常に重要」と答えており、2006年の調査での69%から4ポイントアップした。2006年の調査では56%が自分の個人情報を管理できていると答えたのに対し、今回は45%に減少した。

関連キーワード

Apple | eBay | Facebook | ランキング | Amazon | AOL | Dell | IBM | Verizon | Yahoo!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -