ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年12月18日 08時26分 UPDATE

Motorola、2009年は社員の昇給なし――CEOは自主的に給与25%削減

Motorolaが昇給停止や年金削減などを含む、コスト削減計画を発表した。

[ITmedia]

 米Motorolaは12月17日、コスト削減計画の一環として、昇給停止や401kプランの企業負担分の削減、福利厚生の縮小などを発表した。

 福利厚生については、2009年3月1日付で、米国内従業員向けの企業年金支払いを凍結する。

 401kプランについては、これまでは従業員が積み立てた額と同額をMotorolaがその従業員向けとして積み立ててきたが、2009年1月1日から会社側の積み立てを一時的に凍結する。

 また従業員の大半が、2009年は昇給を受けられないことも明らかにした。さらに共同CEOを務めるグレッグ・ブラウン氏とサンジェイ・ジャ氏は、2009年の基本給を自主的に25%カットするという。両氏はさらに、2008年のボーナスなどの受け取りを辞退している。

 Motorolaは10月に、8億ドルのコスト削減計画を発表。今回の追加発表で、さらなるコスト削減を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.