ニュース
» 2008年12月18日 10時13分 UPDATE

Google App Engineにシステム情報表示のダッシュボード機能

Googleのクラウドコンピューティングサービスに、ステータス情報やリソース使用量が視覚的につかめるダッシュボード機能「System Status Site」と「Quota Details Dashboard」が追加された。

[ITmedia]

 米Googleは12月16日、クラウドコンピューティングサービスGoogle App Engineに、システムのステータス情報やリソース使用状況が確認できる新機能を追加した。

 「System Status Site」は、App Engineのさまざまなコンポーネントの動作状況についての詳細を視覚化して提供する。Google内部で利用している監視データの一部を使い、リアルタイムのステータス情報、遅延の発生やエラーレートの推移などをグラフで表示する。

app1

 各App Engineアプリケーション向けに提供される「Quota Details Dashboard」は、そのアプリケーションが使用している帯域幅やCPUの利用量など、無料で使用可能なリソースの残量が分かるダッシュボード。

app2

 また同社は、無料で使用できる容量を超える場合、追加でリソースを購入できるプランを近く導入することも明らかにした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -