ニュース
» 2008年12月19日 07時32分 UPDATE

ユーザーに難読化する手法:IEの脆弱性、Wordファイルで悪用する新手口

悪質なWord文書をユーザーに送りつけて開かせ、Webサイトからエクスプロイトをダウンロードさせる手口が見つかった。

[ITmedia]

 Microsoftが臨時パッチで対処したばかりのIEの脆弱性を、Word文書を使って悪用する新手の手口が見つかった。セキュリティ企業のMcAfeeがブログで伝えている。

 McAfeeによると、この脆弱性の悪用コード(エクスプロイト)を仕込んだWebサイトは急増しており、さまざまな手段で悪用コードを難読化し見えにくくしたカスタマイズ版も出現。中でもソーシャルエンジニアリングの手口を使い、悪質なWord文書をユーザーに送りつけて開かせる攻撃が突出しているという。

 問題のWord文書をユーザーが開くと、この文書に組み込まれたActiveXコントロールが実行され、エクスプロイトをホスティングしているWebページにリクエストを送信。ユーザーが知らないうちにエクスプロイトをダウンロードして実行してしまう。問題の文書は一般ユーザーには普通のWordファイルにしか見えないという。

 ユーザーが身に覚えのないファイルを開いたり、不審なWebサイトを閲覧したりしないよう、McAfeeは改めて警戒を促している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -