ニュース
» 2009年01月06日 07時00分 UPDATE

アンデス電気が民事再生申請 負債197億円

携帯向け液晶のカラーフィルターやワンセグチューナーなどで知られるアンデス電気が民事再生を申し立てた。景気の急減速で自主再建を断念。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、携帯電話向け液晶ディスプレイ用カラーフィルター生産などを手がけるアンデス電気(青森県八戸市)が1月5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は昨年4月末時点で約197億円。

 携帯電話向け液晶ディスプレイ用カラーフィルターで世界シェア3割を占め、ワンセグチューナーモジュールや空気清浄機なども販売。08年4月期には約204億3000万円の売上高があった一方、原材料価格の高騰や受注単価の下落などから、約2億8200万円の最終赤字に陥っていた。景気の急減速で昨年末にかけて売り上げが減少、資金繰りが限界となり、自主再建を断念した。

関連キーワード

倒産 | 赤字


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -