ニュース
» 2009年01月06日 06時38分 UPDATE

ジョブズCEO、「体重減少はホルモン異常のため」と説明――重病、辞任説を否定

Appleのスティーブ・ジョブズCEOが自らの健康状態を説明し、うわさされている重病説や辞任説を否定した。

[ITmedia]

 米Appleのスティーブ・ジョブズCEOは1月5日、自らの健康状態を説明する書簡を発表した。Macworld Conference & Expoでの基調講演をジョブズ氏ではなくフィル・シラー副社長が行うとの発表により、拍車が掛かっている重病説や辞任説を否定した。

 ジョブズ氏は2008年を通じて原因不明の体重減少に悩まされてきたが、数週間前に原因を究明することを決意。検査を重ねた結果、ホルモン異常により健康維持に必要なタンパク質が失われ、体重減少を引き起こしていたことが判明したという。この診断が正しいことは、血液検査でも実証されたとしている。

 同氏によると、この問題の治療は比較的単純であり、すでに治療に取り組んでいる。ただし長期にわたって体重が徐々に減少しただけに、元の体重に戻すには、来春までかかると医師が診断したという。

 ジョブズ氏は治療中もCEOを務める意志を明確に示しており、「AppleのCEOとしての義務遂行が継続できなくなったら、まず最初に取締役会に話す」とし、Appleコミュニティーに対し、治療中のサポートを求めた。

 Apple取締役会も、ジョブズ氏が何らかの理由でCEO職を続けられなくなれば、即座に公表するという声明を別途発表した。

関連キーワード

Apple | CEO | 健康 | スティーブ・ジョブズ | Macworld


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -