ニュース
» 2009年01月09日 08時00分 UPDATE

Windowsの脆弱性に対処:1月のMS月例パッチは「緊急」の1件

1月のMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムは1件のみとなる見込みだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月13日(日本時間14日)、「緊急」レベルの月例セキュリティ情報1件を公開し、Windowsの脆弱性に対処する。8日の事前通知で明らかにした。

 脆弱性が悪用された場合、リモートからコードを実行される恐れがある。深刻度をOS別に見ると、Windows 2000 SP4、Windows XP SP2/3、Windows Server 2003 SP1/2が最も高い「緊急」レベル、Windows Vista/SP1とWindows Server 2008は4段階で下から2段目の「警告」レベルとなる。

 通常通り、悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新版も同時に公開予定。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -