ニュース
» 2009年01月13日 18時16分 UPDATE

「どこがキズものだと言うの!」――池田理代子さんのイラストで「ドライアイ日記」

「涙が止まらない……何この違和感!」――池田理代子さんのイラストを使って、ドライアイの症状や治療法を紹介する動画が公開されている。

[宮本真希,ITmedia]
画像 ドライアイ日記

 「涙が止まらない……何この違和感!」「奥様の病名はドライアイかもしれません」「えっ……病気……」――参天製薬は1月13日、漫画家の池田理代子さんのイラストを使って、ドライアイの症状や治療法を紹介する動画「ドライアイ日記」を公開した。

 男性の眼科医にドライアイと診断された「ドライアイ婦人」が、ドライアイについて学びながら治療を受けていくというストーリー。池田さんの過去の作品「セイリング」「コラージュ(オルフェウスの窓外伝)」のイラストにオリジナルのせりふを付けて制作した。

 「うそおっしゃい!! 私の、私のどこがキズものだと言うの!」「いえ、奥様の角膜はドライアイが原因で傷ついている可能性があるます」「そ、そんな……いつの間に」――イラストに合わせてせりふを読み上げる音声や効果音が流れ、ドライアイ婦人と眼科医のやりとりをドラマチックに描いている。

 ドライアイ婦人の声は「銀河鉄道999」のメーテル役で知られる池田昌子さんが、眼科医の声は「機動戦士ガンダム」のシャアなどを演じた池田秀一さんが担当した。

画像 安寿ミラさん(左)と池田理代子さん

 ドライアイへの関心を高め、正しい理解を促すための同社のキャンペーン「HELP!ドライアイキャンペーン」の一環で制作した。全8話あり、1月20日に後半の4話分を公開する。ブログパーツと壁紙も公開している。

 1月13日に開かれた発表会には、池田さんや女優の安寿ミラさんが登場。安寿さんはドライアイ日記の朗読を披露していた。池田さんは「私の絵は瞳がポイントなので、ドライアイのキャンペーンで使ってもらって良かった」と話していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -