ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月14日 07時58分 UPDATE

Firefoxのメッセージ集約アドオン「Snowl 0.2」リリース

Firefoxブラウザ上で、メールやフィードなどを一括管理できるアドオンで、Twitterへの送信ができるようになった。

[ITmedia]

 米Mozilla Corporationの研究部門Mozilla Labsは1月12日、フィードやフォーラム、電子メールなどをFirefoxブラウザでまとめて読めるようにするアドオン「Snowl」のプロトタイプをアップデートした。

 「Snowl 0.2」では簡易閲覧用インタフェースの「river view」がアップデートされ、デフォルトでメッセージが1つのカラムとして表示されるようになり、時間別にグループ分けされ、プレビューイメージとテキストの一部が表示されるようになった。

 新インタフェース「stream view」は、サイドバーに常時メッセージを表示し、新たなメッセージを受信すると即座に反映される仕組み。ほかの作業をしながら新着メッセージを確認できる。

 「write message」ボタンを押すだけで、Twitterにメッセージを送信できるようになった。またTwitterに複数アカウントを所有している場合、すべてのアカウントを登録すれば、各アカウントのメッセージ送受信をまとめて管理できる。

yu_snowl1.jpgyu_snowl2.jpgyu_snowl3.jpg 左から、stream view、Twitterへのメッセージ送信画面、Twitterの複数アカウント管理画面

 Snowl 0.2はMozillaのサイトからダウンロードできるが、Mozilla Labsは、同ソフトはまだ開発の初期段階にあり、多くのバグがあるとして注意を促している。

関連キーワード

Twitter | アドオン | Firefox | Mozilla | ブラウザ | 一元管理 | RSS | SNS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.