ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年01月16日 07時00分 UPDATE

裏面照射型CMOS&GPS搭載ハンディカム

ソニーは「裏面照射構造CMOSセンサー」を採用して感度を高めたフルハイビジョンハンディカムを発売する。

[ITmedia]

 ソニーは1月15日、フルハイビジョン撮影対応ハンディカム新製品として、「裏面照射構造」を採用した新CMOSセンサー「Exmor R」(エクスモア アール)搭載製品2機種を2月20日に発売する。GPSも搭載し、撮影データに位置情報を追加できる。

画像

 裏面照射構造とは、受光面を基板の裏側に配置する構造。入射光を効率よく利用でき、感度は従来の2倍に向上した。暗所でもノイズの少ない撮影が可能としている。

 裏面照射構造のCMOSセンサーとGPSを搭載したビデオカメラはそれぞれ世界初という。

 HDD容量240Gバイトの「HDR-XR520V」と、120Gバイトの「HDR-XR500V」の2機種。オープン価格で、実売予想価格はそれぞれ15万円前後、13万円前後。

関連キーワード

CMOS | ソニー | ハンディカム | 世界初


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.