ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月16日 09時22分 UPDATE

IBM、アイオワ州で1300人の雇用を創出

IBMがアイオワ州の町に、新しいテクノロジーサービスデリバリーセンターをオープンする。

[ITmedia]

 米IBMは1月15日、米アイオワ州ダビュークにテクノロジーサービスデリバリーセンターを開設し、1300人の雇用を創出すると発表した。ダビュークは、アイオワ、イリノイ、ウィスコンシンの3州の境界線が交わる地点にある人口約5万人の町。

 IBMは同センター用にダビュークのダウンタウンにある建物の10年リース契約を締結。市と協力し、環境にやさしい「グリーン」な建物へとアップグレードする計画という。

 新センターはサーバシステムの運営、セキュリティサービスおよびエンドユーザーサービスの提供などを行う。年内に数百人を採用、2010年までに1300人を雇用する計画という。

関連キーワード

IBM | 雇用 | 雇用創出


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.