ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年01月20日 08時27分 UPDATE

IBMとSAP、NotesとSAPの統合ソフト「Alloy」を発表

Alloyで、Lotus NotesからSAP Business Suiteのアプリケーションに直接アクセスし、ワークフロー、リポーティング、分析の機能が利用できる。

[ITmedia]

 米IBMと独SAPは1月19日、初の共同開発ソフト「Alloy(コードネーム:Atlantic)」を、3月にリリースする計画を発表した。

 AlloyはIBMのLotus Notesと、SAP Business Suiteを統合した製品。Lotus Notesの環境から、直接SAPアプリケーションが利用できるようになる。最初のリリースについては、両社ともに販売するとしている。

 現在導入が予定されている機能としては、Lotus Notes経由でのSAP Business Suiteのリポーティング機能、退社管理機能、出張管理機能、ワークフロー意思決定管理機能など。

関連キーワード

Notes | SAP | IBM | Lotus | 共同開発 | ネットスイート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.